洗いすぎは肌トラブルの原因に

日々メイクをする女性にとって、きれいな肌を保つためにもクレンジングはとても重要です。しかし、きれいにメイク落としたいあまり洗いすぎてはいないでしょうか。そもそも化粧品はほとんどが油性で、普通の石鹸では落とすことができません。そのためクレンジング剤には界面活性剤が入っています。界面活性剤には「水と油を混ぜる働き」があるので油性の化粧品を落とすことができるのです。このように重要な働きをする界面活性剤ですが、成分によっては肌への刺激が強く、肌荒れを助長し乾燥を招く原因になることがあります。きれいにメイクを落としているのに肌荒れしてしまう…そんな方はもしかしたらクレンジングによる洗いすぎが原因かもしれません。

自身にあったクレンジングを

現在、さまざまなクレンジング商品が出ています。保湿に特化したもの、肌への負担が少ないもの、W洗顔が不必要のもの、界面活性剤不使用のものなどたくさんの商品があります。ご自身の肌にあったクレンジングを是非探してみてください。また、スピーディーにメイクを落とすことも重要です。長時間のクレンジングは乾燥や摩擦による肌荒れの原因につながります。ポイントメイクは専用のリムーバーであらかじめ落としておくとクレンジング時間の短縮に繋がります。また、石鹸で落とせる化粧品も最近では豊富に出ています。普段の洗顔料で落とせるためお肌に優しくメイクを落とせるでしょう。自身に合うクレンジングを探すのは大変ですが、クレンジングはスキンケアの大切な第1ステップです。「洗いすぎ」「落としすぎ」を防ぎきれいな肌を目指しましょう。